« 試行錯誤のチューリップマーク | トップページ | ハギレ、大歓迎! »

秋茶、一釜

薬のかかってないヤブキタ茶。 本職農家の刈り残し。

刈り落す前にチョコッとイイトコドリで摘んだ生葉が三百㌘。
丁度一釜、虫や病気の葉は摘まないので有りそうで無いもの。

終始一貫、厚手の平釜で炒りあげる釜炒り茶。
強火で生葉を殺し、後は序々に温度を下げながら、、、、

炒っては冷ましの繰り返しが十二、三回。 
一釜でも十釜でも行程は同じ事で、じっくりと腰をすえての根気仕事。

釜の余熱で最後の仕上げ、、、、出来上がりは六十㌘弱。

お味見は、、、ニ、三日寝かせて、熟成?を待つことに、、、、。

107kama1 107kama2 107kama3 107kama4  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
↑ご一票を頂ければ嬉しいです

お立ち寄り有難うございました

|

« 試行錯誤のチューリップマーク | トップページ | ハギレ、大歓迎! »

コメント

ああっ!
秋茶で釜入り、やりましたか!
今年の猛暑は秋茶のお味にどう影響したでしょうか?
私も、今度、天気の良い日にやってみるかな、、
どうせ、あと少しで来春のために整枝してしまうので、その前に、、、

投稿: ナベショー | 2007年10月 8日 (月) 21時52分

ナベショー さま

炒っている時の香りは良好?
明日あたり、口切りするつもりです。

オテントさま次第の気まぐれ製茶。涼しくなったから出来たのですけど、、、

葉裏の虫が居なければ、もっと摘めたのに、、、  猛暑が祟ったのでしょうか。

羨ましいです!ナベショーさまの健脚!!!

投稿: やまんば | 2007年10月 8日 (月) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/16694405

この記事へのトラックバック一覧です: 秋茶、一釜:

« 試行錯誤のチューリップマーク | トップページ | ハギレ、大歓迎! »