« 予報ははずれ | トップページ | 白熊、どれが本家? »

ご馳走さまでした

おとり小屋の主が鮎の燻製とひと塩の開きを届けてくれた。

塩の加減をみてほしいと、、、、イイに決まってるじゃん!

9月になってから、やっと朝からの秋晴れ、でも暑さは真夏並。

そんな訳で開きはサッと干してあり、乾き具合は上々。
小出刃の切れ味は流石!  こうこなくちゃね。

大きな温水器が燻製の窯なので、じっくりと燻されて
香りも色も良好、  窯に入れる前の風干しがちょっと甘いかな?

結構な塩加減で、とても美味しゆうございました。

918ayu1 918ayu2 918ayu3

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑こちらもどうぞ!

|

« 予報ははずれ | トップページ | 白熊、どれが本家? »

コメント

鮎の燻製が食べられる生活なんて、最高の暮らし。
うらやましい。
こんな贅沢を味わえるご夫妻に万歳!

投稿: 半ちゃん | 2007年9月22日 (土) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/16491281

この記事へのトラックバック一覧です: ご馳走さまでした:

« 予報ははずれ | トップページ | 白熊、どれが本家? »