« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

花吹雪

ひとひら、ふたひらと舞い始めたのがこの二日ばかり、、、

谷からの風がひと吹きする度に辺りがピンクに覆われる。
物置の屋根も睡蓮の鉢も、、、勿論廊下や座敷にも舞い込む。

物好き婆、ひとつの花に花びらが何枚か数えてみた。 40枚余!

明日はさくらの絨毯、  掃かずに置きましょうか。

428yae2 428yae1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

飲酒運転?

デンマーク牧場グリーンズフェァまで後二日。 
朝から柚子味噌おでんのコンニャクの下拵え。120皿分!

合間にブルーベリーマドレーヌが出来る段取りだけど、、、

甘さ控え目でメープルシロップを使ってみたが、甘味がチョッと足りない?
生のブルーベリーの酸味が強いからなのかもしれぬ。 甘党好みではないけど、 
焼き上がりにブランデイをたっぷり含ませて、、、大人の味!

飲酒運転になったら、、、どうしよう?

428buran1 428burann

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風に泳ぐ

後一山越せば、デンマーク牧場。 山間の部落でした。

涸れ沢の岸を跨ぎ、幾筋もの鯉が泳いでいます。
まだまだ増やそうと準備している人たちに、爺が聴きました。

有志の発案で家の飾らずにある鯉を泳がせようと始めた事で、、、
その呼びかけに、こんなに沢山の鯉が集まってきたのだそうです。

若者は家を出て、あの柱を立てることも老いて侭ならなくなり、、、
5月が近ずくと気にはなりながら諦めていたその鯉が泳いでいる、、、  
きっとそのようなことかも、、、何処も同じです。

鯉が泳ぐのには格好の風向きでした。

426koi1 426koi2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

避難場建設中

羊は一年中放牧されて小屋がない。

雨を避けたり、炎天時には日陰も欲しいのではないか?と
泥んこ羊メンバーのお連れ合いサンたちが小屋造りを、、、

初めに出来た小屋は羊たちの割にはチョッと狭いので増築している。
牛に覗かれたり、糞まみれになったりしながらの慣れない作業。

本日は屋根がつき、又の日に羽目板を張るらしい
羊のことだから早くして!と急かさないので、お天気任せ、閑任せののんびり仕事。

各々方、願わくはお怪我のないように!

426koya1 426koya3   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいう

休耕田にカラーが植えてあり、この時季になると無人販売してくれる。
切り立てでたっぷり愉しめるのが嬉しい。 寄り道したら売り切れ!

婆の作るカラーも品切れ気味なので、少し作って置かないと、、、
5月にお誘いを受けたギャラリーの青空市に並べても賑やかしになるし、、、

遊ぶ積りで来てよとはギャラリーのオヤジさん。 それが愉しいんです!

424kara2_1 424kara1_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌黄一色

ポカポカしたり、寒かったりしながらも季はやってくる。

今、遅霜がきたら、、、とハラハラしているのは婆だけではない。
明け方の霜に遭った萌黄のお茶の芽は日が昇ると見ている間に茶色く
なって、一番茶は望めなくなってしまう。  一年間の丹精が水の泡!

この辺り、月末を待たずに茶摘みが始まりそう?

423moegi2 423moegi1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとしたコツです!

中に何が入ってるんですか? ウールを固めただけ!

こんなに硬くなるもの? 指先の使い方かしらね?
婆に出来る事は誰にでも出来る事。 慣れれば大丈夫、やってご覧!

同じ重さに計っても、毛の質で出来上がりの大きさは微妙な違い。

手先を使っていればボケない! 本当でしょうか?

421bi1 421bi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濃き紅

朝霧が消えて日が昇って、、、早起きは3文の得!

あたり一面が桜色の光に包まれている。 瞬時の至福!
濃い紅いろの八重桜、一本の細い苗から三十年?

雨の時も好し、一風吹けば花吹雪。

例年より一週間は早い開花でした。

421hare1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観賞用に栽培!

地続きの鮎のおとり小屋主が云いました。「結構に咲いたっけねぇ」

それは見事に、只今満開。 見頃です。 ブロッコリー!
どこから見ても、これがブロッコリーだなんて判らないと思います。

草だらけの中から覗いているのは玉葱らしいけど、、、
隣の小屋主から「おれっちのだけど」と大きな採れたてのナマ食用玉葱を頂く。

野菜造り、入門すべし!!!

420sakari_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カッターナイフじゃ無理!

ラップの芯は切れたけど幅広布の芯は、、、

芯の径5㌢となると硬くてナイフでは切れっこない。
爺のお遊び道具だと、瞬く間に輪が幾つも切れてしまう。

ピンクッションが足りなくなったら何時でもお作りいたしますよ!

419sinn1 419sinn3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モット硬く!

ピンクッションを数えたら五十個以上。 もう充分です!

お次は携帯ストラップにつけるフェルトの玉、作らなくちゃね。
ウールは少し増やして1,5㌘に。  大きいと紐に通りませんよ!

幼い頃、赤いほおずきの種を出すのに揉んだの覚えてるでしょ?
あの要領で、思いっきり丸めて揉みこんで小さく小さくするんですよ。

お湯と石鹸つけて、「さぁ、丸めて丸めて!もっと小さくなるよ!」

418sutora1 418sutora2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

浅草橋から

携帯のストラップなんかどうかしらの話になり、、、

フェルトの小さいボールを幾つもつけたら面白いかもと。
思いついたら直ちに手配して、、、浅草橋の貴和さんに電話。
携帯ストラップのパーツを注文したのが昨日の午後でした。
佐川急便のドライバー嬢が先ほど届けてくれました。速いですね。

1㌘のウールを渡り2㌢弱までしっかりと固めたボールを
ぶら提げてみました。  少しくらい邪険に扱っても大丈夫!

婆のケイタイは何時も不携帯でみんなに叱られます。

417kiwa 417kiwa1  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日陰に咲く

夜来の雨があがり霧が登ってきた。 晴れそうな、、、

裏の水場回りのシャガが彼方此方に花を見せてくれている。
先日の遅霜に出端を挫かれた蕾は傷ついて哀れな姿に、、、

ひっそりと花を咲かせる日陰の花。 

416syaga 416syaga2  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季を味わう

ぼたんざくらが七分咲きになって、、、山椒は摘み時。

去年漬けたさくらで、桜ご飯にいたしました。
到来の掘りたて筍、木の芽和えして、、、
お椀は三つ葉と穂先の甘皮でおすましが宜しいかと。

本日の昼膳のお品書き。   オマケは京芋の煮っ転がし!

416yae4_2 416sannsyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捨てないで!

抜群のアイデァウーマン K 夫人の発案による、、、、

やまんばの作るピンクッションは大きい!との事。
この位でどうかしらと渡されたのが、何とマァ、ラップの芯!

試作品作りはお手のものの婆です。  任せとき!やってみるね?

早速、芯は14個のコロコロになり、底をつけて布で包んだら
ウールを丸めて、、、ニードルフェルトの要領でチョンチョンと、、、
ボンドの働きで縫うこと要らずに、ミニピンクッションの出来上がり!

かわいいね。 グリーンズフェァに並べましょ!

414pin1 414pin2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スミレの花咲く頃

  簡易舗装した農道。すれ違いがやっとの狭い路。

土なんて何もないコンクリートの端っこの隙間にスミレが、、、
こんなに濃い色はこの辺りで見かけたことがなかったのに
何処からか種が飛んできた?  舗装の砂利に付いてきた?
それも二十歩位の間だけに並んで咲いている。  

味気ないコンクリート道で、見つけた一服の清涼剤!

414sumi1_1 414sumi_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅蒔きながら、、、

マンクス君が逝ってしまった今年の子羊たちは!

何とまぁ、カラーは2匹?後はみーんな白い仔で、去年と逆さま。
白い男の子なんて居たっけ? 今まではマンクスの後で小さくなってったんだね。

プログラムのグリーンズフェァの呼び物「子羊レース」はおまかせ!!!

子羊生れなかったらと、ハラハラした遅い出産でした。

412tibi1 412tibi2  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

斑染め

お好きな色を3色。お選びくださいね。 お任せします!

5個のボールに分けて1㌔のウール。さて出来上がりの色は?

行き当たりバッタリの出たとこ勝負! 其処が面白い処。
3㌔弱のウールが三通りの斑色に染め上がった。

最初の釜はグリーンがもっと入っても良かった?誰かの声。 
次の釜、前にもこんな色、あったっけね。 
3回目の色具合は、、、ほらほら、見て!ステキな色になった!

色は、、、好き好きですよ! 

412some3 412some4 412some1 412some2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地獄の窯の蓋

車の中から一瞬、目を掠めた紫の塊。家の傍の下り坂で、、、

キランソウ(地獄の窯の蓋)の群生? 株は小さくて地面に張り付いて
咲くシソ科の花。 50㌢四方にビッシリと、、、こんなの初めて!
歩いて下り、この目で確かめて参りました。 暇人物好き婆さんらしい。

地面に這いつくばりの草。草刈鎌にはかからないので来年も咲く?411jigoku2_1 411jogoku3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

龍山ひつじ祭

昨夜の雨も上がって上天気。 桜はこれからの龍山ひつじまつり。

市長選の投票日と重なって午前中の人出は例年より少ないかな?
何時もの場所に、デンマーク牧場、夢家、泥んこ羊のテント。
先ず、予約したチーズケーキを手に入れて、、、美味しいんです!!!

スピンドルを使った手紡ぎ体験。メンバーのKさん、Mさんの手助けで
親子組、去年のお浚い組などのお相手をして、、、県外からのお客様も、、

此処の羊たちもカラーが多い。茶色でも白くても仔羊は可愛いものですよ。

48tatuyama 48tatuyam3 48tatuyama1 48tatuyama2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑草は花盛りの続き

この数日の冷え込み、ひと朝の薄霜でしゃがの蕾がやられた。

通称じごくのかまのふた、まむしぐさ、へびいちごなどオカシナ名前の
花があるけど、謂れは定かではない。  聞かぬが華でしょうか? 

47zassou14 じごくのかまのふた47zassou12
まむしぐさ47zassou13

かきどうし

へびいちご

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雑草は花盛り

野の花たちの揃い踏み。冷えても時季は到来!

春の女神のほろ酔い千鳥足が功を奏したのか?
足元の雑草たちが一気に花を咲かせている。

たんぽぽ、むらさきけまん、しろつめぐさ、いぬふぐり、へびイチゴ、
ぺんぺん草、むらさきかたばみなどなど、、、、しゃがも一足早い。

44zassou11 44zassou7 44zassou9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おねだり!

メンバーの K さんが彫ってくれた「泥んこ羊」のスタンプ。

手先が器用で素晴らしいセンスの持ち主の消しゴムスタンプ。
見れば見るほど可愛くてカッコイイ。

ダメでもともと、図々しく、「やまんば」のスタンプをおねだりしたら、、、

可愛いいチョコレートの箱にチョコレートのスタンプパッド付きで
ひとこと添えての心憎さは、、、嬉しい! ありがとう!

43pe1 43pe2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

枷繰り機

こんな枷繰り機ご存知ですか?

一枷の長さは糸によって千差万別、帯に短し襷に、、、(で道具が増える)

製造元は判らず、古ぼけたボール紙箱に「タワーかせくりき」と、、、。
横浜の下町で昔からあった普通の糸屋で見つけて店主に聞いたら「オヤジの頃からあった」と。  大きな枷から小さな枷までしっかりとかかるし、廻る時の据わりが安定してる。

ボール紙の箱はテープで張ったり、補強したりしながら当時のまま。 当のかせくりきは、組み立てて使うのだけど新品同様に機能抜群。 手に入れてから三十年以上経つ。

ニッディノッディから外して、、、瞬く間に350㌘の玉が出来上がりました。

329ito3 329ito5 329ito2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

差出人は「泥んこ羊」

グリーンズフェァへのお誘い状を出すのにてこずりました。

封筒は彼方此方からの寄せ集め、足りない処は手作りして!
メンバーのKさんが可愛くてステキな「泥んこ羊」のスタンプを彫ってくれてあるし、、と!

何とか150通余りの宛名書きが済んで封印。 さてスタンプ? 
早速押す積りが、、、現物は牧場の箱の中。   なんてマヌケ婆でしょ?
牧場でみんなで書きスタンプを押した封書が手元にあって、、、助かったよ!

急遽、爺に手助けを頼んでシールを作ることになったが、、、、

331siru1 331siru2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »