« 半端もの | トップページ | ヒマラヤの麓から »

命あっての、、、

「これって食べられる?」近くのカアさんたちが持ち込んだキノコ。  スーパーに出ているものより形は数倍も大きいけど、ヒラタケみたいで香りもいい。   道に覆い被さるように大きな古い榎があって、去年から気がついていたけど、、、、と。    毒キノコ?じゃなさそうなので、一つだけ早速バターで炒めて、まず婆が恐る恐る試食。 美味しい!  死なば諸共!で二人のカアさんも、、、、。爺はネットで検索して俄かキノコ博士。「ヒラタケ科 ヒラタケ属」に間違いなしと。    試食した3人は何事もなくピンピンしている!

Hiratake2 Hiratake3 Hiratake1

|

« 半端もの | トップページ | ヒマラヤの麓から »

コメント

ヒラタケに挑戦する意欲、やはり、生きることへの貪欲さ、たくましさが感じられますね。

投稿: 半田澄彰 | 2006年10月19日 (木) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/12338763

この記事へのトラックバック一覧です: 命あっての、、、:

« 半端もの | トップページ | ヒマラヤの麓から »