« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

ファドに魅せられて

六十路を越えてから耳にした心の歌「ファド」   歌うのは、、、月田秀子。
以来、婆の座右の音となり、歳甲斐もなく追いかけている次第。

この秋、当地でのライヴ! 企画してくれた「粋意気の会」に感謝・感謝!!!

Photo_4 F_1 F1_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半日仕事

ブルーベリー4kg、砂糖3kg、夏みかんから採ったペクチン500g、レモン汁5個分、それに隠し味は夏みかんの果実酒たらーり!     大鍋にベリー、砂糖1kg、凍ったペクチンを混ぜ合わせて2時間置いてから煮始め、灰汁を掬いながら1時間余り。レモン汁と隠し味を入れて煮詰め加減を確かめる。   何があってもその間、絶対に鍋から離れないこと!

出来上がり5kgから6kg弱。  瓶詰めは自家用、冷凍はグリーンズフェア用に!

J1 J3 J2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェルト日和!

夏場、四方八方から風の入るのは結構だけどフェルト作業するにはちょっと無理な拙宅。

先日までの夏日は何処へやら、朝から薄曇りで風も無く、庭先での作業にはお誂え向きのフェルト日和。  「こんなになっちゃたー!どうしよう?」がやってきた。  困った時のお助け婆、「わかんなーい」ことを「わかった!」になるようにして、、、、、、。

さあ!やってごらん。ホラ出来たでしょ!  今日は何件落着したかな?

Photo_1 Photo_2 P1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捏ねて丸めて

集落の中にある山寺。 8月の末に子安地蔵の縁日がある。その当番が回ってきた。 七十数軒の部落殆どが檀家のため、知らぬ存ぜぬとはいかず手伝うことになる。

子供に袋菓子を用意し、各家に配る団子をつくる。 女衆6人が汗だくで捏ねて丸めて、、、その数800個ほど。  7年に一度巡ってくるが次はどうなることやら?

D1_1 D2_1 D3_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さなお店

暑い中にもフッと秋?を感じて、久しぶりにクリエイトボックスの品を入れ替えに。

ギャラリー[土泥棒」の一角にある婆の小さなお店。   もろこし織りのコースターは、染めのマフラーとハンカチに換える。  また、涼風の立つ頃には模様替えしないと、、、、、、。
一段上には「カドヤ」こと欣ちゃんが店開き。サスガ!の品が並んでいる。

荷動きは、、、、、、ぼちぼちだす!

Tu2 Tu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干し場が出来た!

洗毛の済んだウールを乾かす棚を作って1ヶ月。 調子は上々。

デザイン、施工は元設計士と自称ログビルダーの爺にお任せした。
邪魔にならず、場所を取らず、3頭位は乾せて、、、、と注文は難しい。

使ってみて直せばいいと、いとも簡単に出来たのがこれ!    取り外し可能、不使用時には壁面に収納可能。   支えの材がチョッと華奢? 感想ひとこと。

Ho2 Ho3 Ho1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自生の日本茜

タネを蒔いて3年目、もっこう薔薇も紫陽花も茜の蔓に覆われてしまった。

小さな花芽がびっしり付いて、、、、。そうだ!蒔き残りの種が確か何処かにあったっけ。
湿らせて潰すと指先に色が、、、、。   乳鉢で潰して色を出し、試し染め。

この茜の出所は、大船渡に在住の婆より2周りも若い仲間が採取した貴重な代物!

A5 A6 A7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これでどうかな?

禿げている殿方とふさふさした白髪の婦人では,同じ58㌢でも被り勝手の違いは当然!

これは白髪頭用に形をきめてみる。 始めの大きさから頭にピタッと納まるまで半日仕事。 何方にでも合うフリーサイズとの訳にはいかないのがハンチングの難しい所か!

H1 Me1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェルトって?

遊牧民的羊祭での「泥んこ羊フェルトワークショップ」

キイウイフルーツカントリージャパンが会場。 広ーいキイウイの棚の下。
フェルト初めての三十余名が石を使ったペーパーウェイトに挑戦。
まだまだもっと擦って!擦って!  ほーら、こんなにフェルトになってきたよ!
幼稚園のおちびさんからオジサンオバサンまでが愉しんで、、、1時間。

これは甘くて美味しい、こっちは酸っぱいと幾種類ものキイウイの試食はオマケ!

Ki4 Ki2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3・5㌔!

摘果最高記録! 3・5㌔ 遅れていたブルーベリー、やっと最盛期。

この暑さ、三時過ぎでないととても無理、ということでやってきた友人一家三名、それに爺が手伝って一時間余りの摘果作業。 蚊に食われながらブッシュに潜り、、、、、、。
美味しいジャムが作りたい人は、蜂や蚊に刺されることなど当然と覚悟するべし!

Isida1 Isida2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

未年以来

あの年、暮れから新年にかけて作ったモコモコ羊の数といったら!!!
12年先の未年も羊作りしてるかな?なんて云いながら、、、、。

8月20日の遊牧民的羊祭のお土産にと久しぶりに作ったモコモコ羊。 忘れてない!大丈夫!  ウールを丸めるだけで羊に見えてくるから面白い!

Hi1 H2                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バリ・バティック

年に数回?取り出しては眺めて愉しんでいた婆の「タカラモノ」が幾つかある。

バティックの布もその一つ。長い歴史の中で生活に無くてはならない布。植物の手染めから化学染料の機械染めになってきた今もデザインは変わりなく続いている。

何物も使ってこそ価値があると、、、、。しまい込むのは止めることにして、さて!何に?
    うん十年来の仲間が着ていたバティックの割烹着を取り上げて重宝しているがそろそろ色あせて、、、、、。  5枚ほど選んで彼女に仕立てを依頼した。

この秋から日替わりで愉しめる割烹着が出来上がってきた!

Ba1 Ba2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最大級アラシ!

生まれ落ちた時から娘の如く慈しんできた大切な姪っこ。 数年ぶりに滞在2日間。

お持ち帰りのブルーベリー摘みは爺と婆の妹夫婦で、虫に好かれる姪っ子は、蝿叩きを振り回し、アブと格闘するのみ。    びく石のオリザへの途中「おきみの滝」へ寄り、滝壷での水浴び! 居合わせたハイカーは唖然?    オリザでの食事に大満足気。常の粗食を取り返す如くに、、、、、、。    夕食前、川根温泉へ婆の妹と出掛け免許証不携帯をやらかし、、、、冷や汗もので無事戻る。    爺も妹夫婦も先に寝てからフェルトの「なべ敷」作りを開始。付き合わされて深夜。   フェルトに嵌まった彼女、どうしても「小銭入れ」が作りたくて、帰宅間際まで粘った末に見事完成!       富良野塾、唐十組などを飛び出した経類の持ち主。 喰うや喰わずのこの20年未だ演劇界に埋没?する「型破り下北沢族」。        

爺婆二人だけの暮らしに訪れた「夏の嵐」。  愉しかったよ! ありがとう!

Yu4 Yu6 Yu1 Yu5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び姥ゆり

朝霧の中で蕾が開き始めて、、、、3分咲き、香りはしない。

夕日の落ちる前に、、、、、そーっと鼻を近づけると淡い香り。 8分咲き?

顔を出したばかりの日を受けて、、、、、姥ゆり、燦然と!  葉は枯れた。

Asa1 Yuu1 Asa4 Asa2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛舎の屋根裏

壊れかかった階段をミシミシいわせて登ると、そこは泥んこ羊の作業場。

冬は隙間風、夏の暑さは、、、、でももう慣れっこ。 うっかりすると折角洗った毛が野良猫の産室になり兼ねないので、洗毛済みは布袋に入れて梁から吊り下げることにしている。

フェルトするのも、ごみ取りするのも、お昼するのもすべて此処。
寄せ集めのテーブルとイスで文句なし。雨風凌げれば上等。 くもの巣、埃だらけでも気にしない。 
泥んこ羊のメンバー一同、鋼鉄の如き神経の持ち主とお見受けする次第!

Gyuu1 Gyuu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木の葉と見紛う、、、

蛾の仲間。 上羽は恰も枯れ葉の如く、下羽は黄色に黒の紋付。

倅が小学生の時、夏休み課題に「蛾の標本作り」をした頃は飛んで灯に入るなんとかで
灯を慕って集まる連中が沢山居たが、、、、、なぜか姿を見せなくなった。

台風余波の雨を避けてか、ガラス戸に体当たりしていたのは「あけび木の葉」!
何時何処で羽化したのか、、、、。そーっと捕まえて、ご覧の如し。

Akebi9 Akebi6 Akebi1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姥百合!

こんなに成長の遅いものなの? 6月茶の木の間から花芽らしきが覗いて3ヶ月。  
婆の背丈ほどに伸びギラギラ灼熱の中でやっと蕾が膨らんできた。  葉はすでに枯れかかり、、、、

やっぱり姥百合だった! 暗い林の中や日の当たらない崖に咲くのは見たことがある。
丈は低く地味だけど存在感たっぷりの姿が記憶にあるけど、、、、、。

どうして姥なのか、花が咲く時には葉がすでに枯れてしまうからとか?
花に自分の養分を与えながら、花を見ずに先に枯れていく運命を姥と見たのか?

U1 U2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

襷がけで初体験!

Tasuki2 妙齢の美女お三方、涼しげな薄物をお召しになり陋屋に、、、、
四輪駆動車を転がしてのお越しで、驚くのは爺婆の古さ加減か?

8月20日遊牧民的羊祭を企画した「どろんこアカデミー」の主催スタッフ御一行様。
「静岡発ホンモノの味を探せ!」 今回は羊を食べちゃおうのお祭の計画の中に「フェルトワークショップ」を入れたらと瓢箪から駒?の話合いで、、、、。結果はシャシャンがシャンの手打ち。   袂が邪魔で襷がけして「石のペーパーウェイト」に挑戦の結果は、3人とも婆の壺に嵌まり、お持ち帰りになったという事。    8/20はテルテル坊主!

Tasuki3 Tasuki1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

川止め祭に

収穫に食欲が追いつかないで野菜庫は満杯状態。

隣のかあさん、街の川止め祭朝市への準備中。 朝市に出して売ってもいいかと。
野菜は一番人気でよく売れるから、、、、。賑やかしになればと任せることに、、、、、。

爺婆二人ではどうやっても消化しきれない夏野菜たち!

Ya1 Ya2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お浚い

立て続けに3回繰り返せば忘れない!と、、、、、
それがどうも怪しくなってきたのはお歳のなせる業。  鼻歌交じりのアクセサリー作り、ちょっとアレンジしたりして、、、お浚い。  この位はまだ大丈夫! ちゃんと覚えていた。

ところが、、、、、爺はこれが花に見えないらしい。

Aku2 Aku3   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れぬうちに

その時はすべて納得して、頭に入ったつもりが、、、、、、ね
これ、何のメモ? どうやったっけ?  だから3回は続けてやってみること!

泥んこ羊メンバーでフェルトのアクセサリーを作ったのは唯一人。彼女が忘れない中にお浚いすることにした。   午後のひととき、花のブローチ作りに、おしゃべりに!

富士宮夫人は新規撒きなおしのクマさんを連れて来た。手紡ぎ手編みのセーターを着せて、、、、、。これはまさしくクマさん、カッワイイ!   

Pure

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何方かご存知?

?十年前の卓上織り機。出所は京都。取り扱い説明書は無かったらしい。

先日、なんとか縦糸をかけて織れる状態でお持ち帰り願ったが、織り上がって仕上げにみえた。  見れば見るほど特殊?な,、、、、、綜こうと筬が一体になっているが上下にはずれて、縦糸通しは楽に出来る。 4枚綜こうにもなり二重織りも可能とか!

織り機の持ち主は、使い方をすっかりお忘れになって、、、、、なにしろ?十年も前のこと!  どなたかご存知ないかいな? この卓上織り機の取り扱い方を!!!

Oriki Oriki2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可愛くない奴!

ホームセンターのペット用品売り場で見つけた首輪。

勿論、きいろの皮! お洒落な鈴も気に入った。チャトラン小母さんは此処何年も首輪をしていない。 野良猫と思われそうな面構えと中年過ぎの体型が少しでもカバー出来ればと、、、、、、早速捕まえ、つけてやったのに気に入ったのかどっちでもいいのか、、、、、

なんとも愛想の無い猫!    似合うよ!婆の自己満足・一人よがりでチョン!

Suzu1 Suzu2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年は何してアソボかな?

講師はM..Hさん  M.Hオリジナルハンチングを作ることにして、残りの時間で小物作り。  アクセサリーあり、クマさんありで、、、、、

会場は元保育園の建物。 高台の中腹にある古い農家を改造し、広々として使い勝手のよい場所。 但し、自炊、雑魚寝、蚊の襲撃を覚悟して頂くことになるが、、、、、、
お泊り組は飲みながらお喋りの人、黙々と残業?の人、オヤスミの人も。 云っておくけど
個室ならぬデカーイワンルーム! 、そんなことはチーっとも気にならないのが婆のステキな仲間たち。    カッコイイハンチングは、次々に完成!!!

さて婆は何が出来たかと、、、、完成はわが家にて、相変わらずのへそ曲がり!

Dsc00021_1 Kuma5   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

形成手術

みどりちゃんが持っていたクマさん、これがいいけど出来るかな?と、、、、、、

3時までに終るようにとみんなにお願いしたけど今からで間に合うの?   龍山村のおじさんのクマさんは、すでにお腹を詰める手術までになっているのに。   後30分、なんとか婆のクマさんは腸詰手術完了。ちっとも可愛くない! すでに、おじさんのクマさんはとても可愛く完成。   婆はついにタイムアウトでお持ち帰り。   滝沢2日間のフェルトワークショップ、 相変わらずの愉しい夏の同窓会! メーンテーマはハンチング。

婆のクマさん、本日切開し、形成大手術を施して完成!

Kuma2 Kuma4


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »