« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

弥生の季

 四日市に窯を持つ水谷 満さんの陶雛。季節の行事には無頓着の暮しの中で年毎に飾るのが雛人形。  此処の山家で唯一!華のある場所にお出まし頂く。
寒さのために菜の花が何時もより遅れているのが残念。街の花屋で間に合わせる。ご免なさい!  この辺は4月がお節句。それまでゆっくりと長逗留して、うらうらと弥生をお楽しみくださいね。

         DSC00009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時休業します

 朝から雨です。誰も朝ごはんを食べに来ませんので食事の用意は致しません。
 昨日の午後はとても大勢の来客でした。皆さん雨を予感して食べ貯めしたかも。
 

 そんな事で柿の木に「本日休業します」の札をかけました。

          P1010040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗅ぎつけた奴

どうもミカンの減り方が速すぎるな~~と。やっぱりやって来ましたよ。ヒヨドリの奴が。
婆の目の仇ですよ! ブルーベリーの花が咲けばやって来るし、収穫時になれば片っ端から食べてしまう。 それも朝早くから群で来るので、始末が悪い奴ら。
空っぽミカンを餌台から落としてしまうのも犯人はヒヨドリ。大きな態度で大食漢!

婆が撮ったんですよ!これが撮れるまでの爺婆のやりとりは、傍で聞いていたら~~~。物凄い!!!

                P1010044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5枚出来た!

泥んこ羊定例日。第4木曜日は「山の家」研修室での作業。ご常連に加えて、遠路の富士宮、新入りの掛川、久振りの菊川さんたちの参加でとても賑やか!マット作りもごみ取りもどんどん捗る。
本川根からのサホーク嬢初出産ニュース。朝、気がついたら真っ黒のチビさんが立ってた!と。孫の誕生もかくやと、大喜びの夢家夫妻です。
羊マットは5枚完成!ごみ取りは一袋完了!とても愉しい恵まれた一日でした。

             DSC00001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅咲き

ume 暮れ以来の寒さで遅れに遅れていた梅がやっと咲き始めました。

気のせいか花が小さくて勢いが無いような気もして~~~。

相当年を経た古木で幹には裂たり洞穴があったりで見たところ今にも朽ち果てそうなこの梅、婆とどちらが先にの感あり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お客はメジロ

mejiro 難しいですね~~~。なかなか撮

ることが出来ません。何時来るか

ワカラナイのに待っているのかし

ら?家の中に三脚立てて爺が撮っ

てくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫時

kaya2 kaya1箒でも作るのかって?違います。織りの材料にします。

緯にして織ると、すだれや間仕切りになるし、切れ端はマットやコースターがいい感じにできるのです。

これこそ自然からの贈り物!

月になると枯れ薄に残っていた穂綿が飛んで、只今収穫時。お天気の崩れないうちに何時もの茅場に出かける。

夏前に誰かが刈り取ったのか、例年より芯が細い。

刈り取った枯れ薄は穂先の付いた芯だけに整理する。節を切り離し穂先に残っている穂綿を丁寧に叩いて取り除く。いずれにしても根気のいる仕事!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拾って貰ったご恩

DSC00007 初めのうちは外猫。先住が家出してから天下に恐いものなし。犬のチッチャイなんてヘッチャラでした。
もう一人の人間、それこそ婆の事は無視する事にして傍にも行かず、婆に呼ばれてもニャーとも返事をしない事にしてます。

只ひたすら、拾ってくれた爺の恩に応える日を送っているのです。        

婆、曰く「へんなねこ」!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寅年のチャトラン

DSC00004

はじめまして!チャトランと申します。

7年前の寅年のお正月でした。迷子に

なってしまい、お腹は空くし寒くとても心

細くなって居た時に、この家の爺が声

をかけてくれたのです。この人について

行けば!とにゃぁにゃぁ云いながら追

いかけました。寅年のお正月にとら猫

とは縁起が良いと思ってか、早速お皿

にカリカリを。その美味しかったこと!夢中でした。

ところがこの家には爺の他に婆と先住ニャンコと犬のチイチャイがいたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝七時に

DSC00002 やっとお日さまの光が裏山の杉のてっ辺にあたり始めて、辺りはまだすっかりと目覚めていません。

お茶の下枝辺りを忙しなくチョンチョンとやってきたお客様はウグイスです。

次はメジロの二人連れ、慣れた様子で昨日のお残りを突付きます。

昨日からメニューを一品増やしてパン屑を提供したら、ご覧の通りに空っぽになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小鳥のレストラン

DSC00008 背戸の柿の根っこへ残り物を食べに、誰かが夜な夜なやってくる。

昼間にはそのおこぼれを小鳥たちが突付いている。

ネコに襲われないように小鳥たちのレストランを新築。ミカンの輪切りを置くとすぐにメジロが2羽が連れ立ってやってきた。

大繁盛するんじゃないかしら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

削って削って!

DSC00005 サイズ52cmまで後1cm。

暇をみてはゴシゴシとヤスリで削ってます。子供帽子の木型。

小さいサイズから大きくするのは簡単、その反対は根気との勝負。

急がず、のんびりとやること!

それにしても削りカスの粉でクシャミの出る事!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サフォーク混じりの糸

DSC00001 サフォークが強く出ているウールは、身に纏うと弾力と肌触りが気にいらない。

太めに紡いでざっくり織ったらブランケットかクッションカヴァーに。

雑種の群なんだから、どんな毛が出るか誰にも判らないのが「泥んこ羊」。

それもまた愉しみの一つかも~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »