« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

お出掛けしましょ!

DSC00015 お気に入りのハンカチとキャンディと、、、あとは何が入るかしら?

お帽子とお揃いのとても小さなポシェットが出来ました。

さぁ、お出掛けしましょ!

帽子 50g  ポシェット 20g

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しっぽ、つけてね!

DSC00011 赤ちゃんと幼稚園児の間、4歳くらいかな?年齢不詳!可愛い!

女の子です。目の中に入れても痛くないほどに可愛くて大切な孫娘。若いお祖母ちゃんからの注文でした。この子が被るお帽子をとのことです。ほっぺの可愛い色白の子!

ナチュラルカラーでワンポイント。2cmほどのブリムをつけて、ご要望のしっぽもつけました。

さて、お気に召すか如何か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の命は

DSC00007 暮れの三十日に届いたトルコキキョウ。一回だけ切り戻したのみ。まだまだ暫くは楽しませて呉れそう。この調子だと四週目もOK!

切りたてが手に入る事や、暖房が効かないあばら家が幸いしているのかも。

花の命が少しでも永くあるように!

我が家で唯一の「華のある」場所。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の女神は?

DSC00005 待ちに待った雨が降り給水制限は解除。急に気温が上がりポカポカ陽気が2,3日続きました。

こんな筈ないよねと云った途端、今朝の温度計はマイナス。9時になってもそこら一面霜だらけ。

あのポカポカは春の女神の悪戯?でも雨の贈り物にはとても感謝してますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ADSLに!

DSC00011 鈍い!あちら使えば此方使えず!爺婆何れかが使用中は、電話が通じない!我が家のインターネット。

今まではそうでした。それが~~~。

やっと世間様並にADSLが開通することになりました。平成18年1月25日よりです。

チンプンカンプンの説明会。使い勝手がよくなればそれでよしと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊の出来上がり

hitujimat マル書いたら羊になりました。

一つに200gの羊の毛を使うのですけどね。フワフワの200gってどの位か判るかしら?

一抱え!って言ってもピンとこないでしょ?

せっせとフェルトして出来上がりが直径33cm、厚さが3cm。

坐り心地は最高!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泥んこ羊オリジナル

DSC00006 草の種がシッカリ入った泥んこ羊のチェアマット。頭と手足はマットと馴染んでキレイに付きました。

ボディラインは、いい加減に描きます。跳ねてる羊、伸びてる羊、如何にでもなりますから。

頭と手足の置き方も型に嵌らず、思いつくまま。

同じものが出来ないところが泥んこ羊マットのオリジナル!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チビマフラー

DSC00001 ご要望が多くて足りなかった男性のチビマフラー、初仕事の5本。

昨年の牧場のウールはナチュラルカラーが多く、織り上がりの感触は今までになく良好!

今年はどんな仔たちが生れてくるやら。全部カラードになったらどうしよう!!!

染めなくてもいいからラクチン?ゴミが無ければモットいいのにね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

錆びません

DSC00010 暮れに浜岡コースカルチャーフロア―に出したピンクッション。追加注文です。

「羊の毛で出来ていますので針が錆びません」と一言メモを添えました。

インドの更紗、バリのイカット、ガテマラの~~とこだわりのハギレを使って中身はウール100%。

こもれび女史の助け舟でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あかぎれ膏

DSC00003 あかぎれ、ご存知?痛いんですよ!

寒くなると指先が深く縦に割れて、糸を捌いたり紡ぐときに引っかかったり割れ目に入ったりすると飛び上がるほど痛いのです。爺婆ともに手の荒れる仕事!なので冬の間中あかぎれに泣いてます。

昔からある「あかぎれ膏」。松脂から作られていて以前は薬局で売ってました。火に炙り溶かして傷口に塗り込むのですけど、その一瞬の熱いことこの上なし、飛び上がってしまいます。

指先が真っ黒になり見た目が良くないと思うけど、でも他の何よりよーく効くこと。やっと手に入れた最後の一箱。 「京都あかぎれ膏」、京都市中京区の上尾製薬ですが残念ながら製造中止。大切な我が家のお宝です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨!!!

DSC00008 明けて二日、やっと雨が降ってきました。水溜りが出来て葉っぱがしっとりと濡れています。

余りにも乾き過ぎているので小止みになると水溜りは消えて~~~。

雀の涙よりも少しのお湿りでした。

夜間断水はまだ続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »