« 薪ストーブ | トップページ | それでも余る »

薪の炎

DSC00008 今朝は-6度。簡易水道も沢からの水も凍り付いている。

暗くなる前からストーブに火を入れるのは爺の仕事。それでないと土間は暖まらないのです。 ちろちろと燃える火は寒さの夜に無くてはならないモノのひとつ。どんな人でもこれを見る時ホッとした気持ちになるのでは?

公会堂のお掃除当番が回ってきて今日がその日。半人前しか動けなくて若い2人にお気の毒だけど仕方なし。ここも水道が凍っていたっけ。

|

« 薪ストーブ | トップページ | それでも余る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140867/10455683

この記事へのトラックバック一覧です: 薪の炎:

« 薪ストーブ | トップページ | それでも余る »